介護する側させる側に優しい介護情報

介護の必要性

日本ではお年寄りが1番介護を必要としています。もちろん、生まれたときから介護を必要としている人もいますし、子どもでも障がいを持っており、介護があって生活をできる人もいます。大きくなってから、病気や事故にあってしまって、介護をしてもらいながら生きていかなければならない人など、多くの人が介護を必要としているのです。

おとしよりの体のこと

年をとると、いろいろな体の場所のはたらきが弱くなってきます。介護が必要となる原因の中に、年をとってしまうから起こることもあるのです。そんなときどうすればいいのでしょうか?

コミュニケーションをとるには

耳が遠い、聞こえない人と話すことは、大変だとおもいます。でも、コミュニケーションをとるための方法はたくさんあるのです。大きな声でゆっくりと、顔に表情をあらわして話すと理解してもらうことができます。また、文字を見ることができるなら、文字で聞きたいことや伝えたいことを書きあらわすこともできます。

言葉

病気になってしまったときにもですが、お年寄りは声を出すことがむずかしかったり、口を大きく開けて話したりしても他の人に伝わりづらくなってしまうのです。頭の中では言葉を考えることができても声にできないこともあります。私たちがカゼをひいて声が出にくいときにはイライラして、もどかしい感じがするようにお年寄りも同じ気持ちなのです。

話を聞くには?

何かを伝えたいと思って、がんばってお話をしてくれるときには、焦らせないようにしっかりと聞いてあげると良いです。ちゃんと聞いてもらえると思うと、自然と話せることがあるからです。私たちも、とてもきんちょうしているときや怒られた時には声がふるえたり、小さくなったりすることがあると思います。ドキドキしながら話すのはちょっとイヤな気持ちになるので、時間をかけて聞いてあげましょう。声を出せない人には、文字をかけるようにペンと紙をそばに置いておくといいでしょう。それに、「おなかがすいた」「散歩に行く」「トイレに行きたい」など、あらかじめカードのような物を作っておくと、介護をする人にもわかりやすく伝えることができるようになります。

だんだん視力が弱くなって、まわりのものの見分けがつきにくくなってきます。おとしよりではなくてもメガネを使って生活している人はたくさんいます。メガネがなかったらまわりがぼやけて見えにくいと思います。また、目を動かす力が少なくなってしまうので、下側や横を確認することが大変になって体をぶつけてしまったり転んだりしてしまう原因にもなります。

Valuable information

Last update:2018/6/21

介護生活コピーライト